選定ポイントをまとめてみました

血圧計を選定する際のポイントを確認しよう!

 

血圧計は各社いろんな製品を販売していますが、以下の3点を考慮して選定することで購入後に後悔する可能性は少なくなるでしょう。

 

 1. 測定方式
 2. メモリー量
 3. メーカー

 

買ってから後悔しないためにも、事前にポイントをおさえた選定をしておきたいところですね。

 

 

高血圧で薬が手放せない方 必見

↓   ↓

自宅で簡単にできる高血圧改善法DVD(返金保証付)

 

 

 

血圧計選定時におすすめの3つのポイント

 

測定方式

 

現在の血圧計の測定方法は以下の3つが主流となっています

  1. 手首式
  2. 上腕式(巻きつけタイプ)
  3. 上腕式(アームインタイプ)です。

 

これらの長所と短所をまとめてみました。

@手首式

 

 

長所:測定が簡単、価格が安い
短所:測定値の精度が比較的低い(外部の影響を受けやすいが、今はそれほど誤差はなくなってきている)
毎日測定する血圧ですからできるだけ簡単なタイプが良いという方におすすめです。

 

A上腕式(巻きつけタイプ)

長所:手首式より測定値の精度が高い、アームインタイプより安価
短所:この中で測定が最も面倒(といってもさほど手間はかからない程度ですが…)
いま最も売れているのがこのタイプです。性能と価格の面からも一番のおすすめはこのタイプです。

 

B上腕式(アームインタイプ)

長所:手首式より測定値の精度が高い、測定がとても簡単
短所:比較的値段が高く、大きい。
できるだけ正確な値を測定したいという方におすすめのタイプです。

 

タイプ別 おすすめの血圧計をチェック!

 

 

メモリー量

 

測定結果を記憶させることができる機能がついているものが多いですが、その容量に差があり、容量に応じて価格も上がってきます。

 

ノートなどにつけておくのであればメモリー量はさほど選定のポイントにはならないかもしれませんが、メモリー機能を使うとやっぱり楽でいいよねーという意見は多いです。(日ごとの推移が見れるのは便利です)

 

メモリー量を考慮する場合、「●人、▲日分の記憶がしたいか」によって商品の選定をすることになります。

 

メーカー

 

売れ筋から見てもおすすめは、オムロン、テルモ、パナソニック、タニタの4社です。購入者のレビューを見てもいずれのメーカーも好評です。測定方法とメモリー量から選べば、この4社のうちのいずれの製品を選んでも間違いはなさそうです。

 

おすすめの血圧計のまとめ

血圧測定

 

血圧計を選ぶ上でのポイントは、

  1. 測定方式
  2. メモリー量
  3. メーカー

の3つです。

 

測定方法によって長所と短所がありますし、メモリー機能は便利ですがメモリー量によって価格も上がってきます。メーカーも売れ筋の上位4社から選ぶのがやはり良さそうです。

 

これから血圧計を選ぶ方は、測定方式を選んでから売れ筋の製品をチェックするのが最も簡単な選び方だと思います。やはり一番売れている血圧計がおすすめですね。性能と価格のバランスが一番良いと思います。

 

また、血圧値の向上には食生活や運動習慣の見直しは欠かせません。とはいってもこれまでの習慣を変えるのはなかなか難しいですよね。私は父親へのプレゼントに血圧計をプレゼントしましたがこちらのサプリもセットにしたところとても喜ばれました。飲むだけで良いという簡単さが気に入ったみたいです。食品のわかめを使ったサプリなので安心して摂取できるのもおすすめポイントです。

 

誕生日や父の日・母の日のプレゼントにもおすすめ(´ー`)

↓  ↓

 

 

血圧計 おすすめ 正確 病院

 

やはり病院だとできるだけ正確な数値が求められるので、もっとも数値の信頼度が高い水銀式の血圧計が主流でした。最も正確に測定できるのが利点ですが、手間がかかることと、水銀式での測定は医療行為に該当することで、測定できる人に制限があることがデメリットでした。落として割れた時の扱いや、廃棄時の扱いもなかなか面倒ですし。(水銀の廃棄はかなり大変です)

 

そんな水銀式に代わって、上腕式の血圧計が最近の病院での主流となりました。水銀式にひけを取らない正確性があれば、敢えて水銀式を使う理由はないというわけです。

 

正確な数値を重視した血圧計選びをするのであれば、病院でも採用している上腕式を選ぶのがおすすめする人が多いです。

 

おすすめの正確な上腕式血圧計について

 

正しく血圧計を使うための基礎知識

 

血圧はいつ測るのが良いのか?

朝は起きてから1時間以内に測るようにします。排尿後で、朝食前にいつもの自分のすわる姿勢で測るのがおすすめです。測る前1〜2分ぐらいは安静にすることも忘れずに。降圧薬を飲んでいる方は服用前に測ります。

 

夜は寝る前に、朝と同様にいつもの自分のすわる姿勢で測ります。同じく測定前の1〜2分ぐらいは安静にしておきましょう。朝も夜もできるだけいつも同じ時刻に測ると良いデータとなります。

どちらの手(腕)で測るべきですか?

利き腕ではない方で測るのが原則。左右の差が大きい場合は血圧の高い方で測るようにしましょう!

血圧計の正しい使い方は?

服はまくりあげて、裸の二の腕(肘関節にかからない位置)にカフを巻きます。腕は机などに乗せ、心臓と二の腕が同じ高さになるようにします。必要があれば枕などを使うのがおすすめ。腕は前に伸ばして、二の腕の緊張を解きます 。

 

血圧計 おすすめ 安い

 

今やほとんどの血圧計は安い料金で買うことができる製品になりました。こんなに安くても大丈夫?というくらい安い製品もありますが、最近の機種であればそれほど心配しなくても良いかと思います。

 

あとは精度や測定の簡単さなどから総合的に決めると思いますが、安いから良くない製品かと心配する必要はないと思います。

 

安い血圧計をお探しであればおすすめは、手首式で一番売れているタニタ製の「BP-212」です。2千円台でこれほどの血圧計が買えるようになったのかと驚くかもしれません。

 

■血圧が気になる方へ朗報
副作用のある薬も、つらい運動もいらないおすすめの高血圧改善法です。

 

改善できなければ全額返金という保証付きなので、リスクを取らずに高血圧対策方が学べます。

 

高血圧の専門医が教えるカンタン食事療法